高価買取が可能な旧車カタログ

古い車のカタログは車文化を知れる歴史的な資料です。

探していらっしゃるコレクターの方もたくさんいらっしゃいます。

発行元の車メーカーが博物館や資料館をつくるための展示品として探していたり、自動車工学の専門家が教材として探していることもあります。

古い車のカタログはついつい捨ててしまいがちですがもしご自宅にありましたら、ぜひエーブックにご相談ください。

 

旧車・古い車のカタログといっても年代はいつごろのものがいいのかということになりますが、だいたい目安として1980年以前のカタログに高いものが多くあります。 1980年以降のカタログでも買取は可能ですし、中には一冊で高いものもあるにはありますが、確率は低くなってきます。 1980年以前でも特に高く買取が可能なカタログは以下の通りです。 お持ちの方は是非、ご連絡ください。

戦前のカタログ

戦前の車のカタログは資料として、またコレクションとしても非常に貴重です。 当時のカタログには現存しない会社の創意工夫も垣間見え、現在の日本の自動車産業の礎にもなっているかと思うと、胸が熱くなります。

特殊車両

パトカー、消防車、バス、タクシー、消防車などの特殊車両のカタログは人気があり、高価買取が可能です。

働く車

トラック、ダンプカー、フォークリフト、トレーラー、はしご車などの働く車にロマンを感じる人が多く、働く車のカタログは人気があります。

 

名車 スポーツカー

スカイライン、GTR、ハコスカなど時代を彩ったスポーツカー、名車は定番の人気カタログです。