ももいろクローバーZ バレイベ&月刊TAKAHASHI観賞記

相変わらずのももクロのライブ鑑賞記です。

2月11日はライブビューイングで、「ニッポン放送 ももいろクローバーZ ももクロくらぶ xoxo ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2015」、2月12日はZepp名古屋で月刊TAKAHASHIを観てきました。

まずはバレイベ。

既に何度も開催されているということですが、今回がはじめての観賞。

ももクロくらぶのイベントということで、トークやお遊びのコーナーも多く、ライブはあるものの少なめ。

このイベントは表情とかもしっかりわかるライブビューイングで見たほうが楽しめる気がしました。

て、何度も現場を申し込んで外れたんですけどね。

印象的だったのはドラマ。

うーん、みんな、うまいなぁ。

こういうこともしっかりやれるようになったんですね、凄い。

クローンしおりん面白かった。

今後も何かにつけてネタにして欲しいなぁ。

衣装は女祭りの時のメイドっぽいやつだったよね。

さて、続いて翌日のZepp名古屋での月刊TAKAHASHI。

そう、当たったんですよ。

もしかして、地元優先とかあるのでしょうか。

それにしても最近よく当たります。

しかし、私としてはほぼはじめてのスタンディングでのライブ。

月刊TAKAHASI1月号に行った人からいろいろと教えてもらい、私の年齢、体力では、とにかく途中でブロックごとを仕切るバーを確保した方が楽だし、よく見えるはずとのこと。

しかし、私の整理番号816番では、一番うしろのブロックのバーすら空いておらず、だったらと、少し空間があるもうひとつ前のブロックに行くことにしました。

ただひたすらに立って待つこと30分でライブスタート。

前の人たちの腕とペンライトの隙間から、時々、夏菜子やしおりんが見えるという感じで、この先、大丈夫かなぁと思っていましたが、徐々にみんなの腕も下がってきて、よく見えるようになってきて、楽しめるようになってきました。

まぁ、見えても、胸ぐらいまでで、下がどういう衣装なのかは結局、よくわからず。

Zepp名古屋、意外と角度ないですね。

身長178の私でこれですから、女性の方などは全く姿が見えなかったかもしれません。

しかし、スタンディングならではの臨場感、高揚感、一体感はいいですね。

もう一回Zepp名古屋あるければ、当たらないかなぁ。

さて、来週のさぬき映画祭のミニライブも当たっています。

いい席だと嬉しいな。

ももクロ買取