ポスター・カレンダーの梱包方法 古本買取なら名古屋エーブック

メールお問合わせ

営業時間9:00~22:00年中無休

0120547584

Line登録

ポスター・カレンダーの梱包方法

ポスター・カレンダー買取

2019/11/7

昨日は神奈川県の方より、サイン入のカレンダーやポスターなどをお送りいただき、買い取りさせていただきました。

その時に質問されたのが、どのように梱包したらよいですか?ということ。

当店ではコスト削減のために梱包資材の発送をしていません。

梱包資材の発送は無駄が多く、実際に利用されないお客様にもお送りしたり、余らせることになり、その分のコストが実際に荷物をお送り頂いた方への査定額からマイナスせざるを得ないということになってしまうからです。

それよりもちょっと大変ですが、ご自身の手元にあるダンボールなどを使って送っていただいています。

ただし、今回のお客様のようにポスター、カレンダーとなりますと、少し梱包にコツが必要となってきて、ご質問をいただくということになります。

 

専用の筒・資材を使う

ポスター梱包資材

このようなポスター用の資材があるようでしたら簡単。

この筒の中にポスター、カレンダーを入れていただき、宅急便で送って頂ければ大丈夫です。

カレンダーは無理でしょうが、ポスターなら10枚ぐらい一緒に巻き込めばひとつの筒に入ります。

量が多くて筒がいくつもある場合は筒をガムテープや紐で結束して宅急便で送って頂ければひとつの荷物として扱われますし、宅急便の伝票も1枚ですむのでいいですよ。

ダイソーの筒【伸縮式の書類ケース】を使う

100円ショップダイソーの定番商品としてある伸縮式の書類ケース。

ダイソー伸縮式の書類ケース

これがなかなかスグレモノ。1メートルまで伸ばすことができるため、たいていのポスターはこれにおさまることになります。

蓋が途中ではずれないようにテープとめして頂いた方がよいですが、直径もそれなりにあるので、巻き込んでもらえば20枚ぐらいのポスターならば入りますよ。

ダンボールを連結させる

ボスター、カレンダーはそもそも長さがあるため、通常のダンボールでは収まらず困りますね。

専用の長さがあるダンボール箱があればそれで事足りるわけですが、なかなか手に入らない。

その場合はよくあるダンボールをちょっと工作して連結させてくださいとお願いしています。

先日お送り頂いた連結された箱です。

こうして頂ければB2サイズのポスター、カレンダーをたて、かなりの数を入れることができます。

更に大きいものは斜めに入れたりしてくださいね。

 

中のポスター、カレンダーが動くようですと、運送中に傷んでしまうことがあるかもしれませんので、新聞などをつめて動かないようにしていただけると助かります。

ポスター・カレンダー買取の買取りブログ一覧

最近の投稿

関連記事

買取実績カテゴリー

出張買取サービス

宅配買取サービス

取り扱い品目

古本買取名古屋エーブックへのお問合わせ

営業時間9:00~22:00年中無休

0120547584

Line

24時間受付OK
査定依頼する