東京・神奈川の出張買取も可能です。阿久悠記念館に行ってきました。 古本買取なら名古屋エーブック

メールお問合わせ

営業時間9:00~22:00年中無休

0120547584

Line登録

東京・神奈川の出張買取も可能です。阿久悠記念館に行ってきました。

古本買取大量

2016/01/20

週に一度か二度は東京の市場に行って、仕入れをしていますので、東京都、神奈川県の方で、大量の荷物がある場合は、前後に出張買取可能です。

お気軽にお問い合わせください。

 

さて、今日も元気に東京出張。

JRのエクスプレスカードで新幹線を予約してみました。

使い方が馴染んでおらず不安です。

 

東京でいつも行くのはお茶の水近くにある東京古書会館。

このエリアは大学が多く、古書会館のすぐ横は明治大学です。

 

今日はいつもと気分をかえて、明治大学のすぐ前の道を歩いてみたところ、「阿久悠」という文字が目に飛び込んできました。

私は私の人生を十二分に満喫していますが、憧れる人生として阿久悠がいます。

彼のように人の心に染み入る歌詞、時代に染み入る歌詞を作っていけたとしたらどんなに素敵だろうとよく思います。

なんでこんなところに阿久悠がと思ったら、明治大学の出身で、大学の中に阿久悠記念館があるというではありませんか。

それも無料、一般に公開しています。

これは行くしかありませんよね。

阿久悠記念館

 

 

中には阿久悠の主な作品一覧が時代ごとにまとめられていたり、代表作が聞けるコーナーがありました。

最も興味深かったのは書斎を再現したコーナー。

残念ながら中は撮影不可とのことでしたが、いつも作詞をしていた四畳半の部屋が再現されていました。

 

古本屋として興味深いのはどんな本が置いてあるかということになってしまいます。

正直、よく見るような本ばかりで、そんなに高い本はなく、阿久悠先生に買取依頼もらってもそんなにお金出せなかったなぁと思ったりしました。

あれだけの曲数の作詞をしてきた人。とんでもないネタ本があるのではとよく見てみましたが、やっぱり見つかりません。

意外という意味ではテーブルの上に世界地図があったことでしょうか。

地図を見ながら、「ジョニーへの伝言」や「五番街のマリーへ」なんて歌詞を書いていたのかもしれませんね。

 

ぜひ、皆さんも、お茶の水に行くような機会がありましたら、阿久悠記念館に足を運んでみてください。

古本買取大量の買取りブログ一覧

最近の投稿

関連記事

買取実績カテゴリー

出張買取サービス

宅配買取サービス

取り扱い品目

古本買取名古屋エーブックへのお問合わせ

営業時間9:00~22:00年中無休

0120547584

Line

24時間受付OK
査定依頼する