名古屋市西区でスーパーオーディオCD、オーディオ本を出張買取。

ご依頼いただき、ありがとうございます!

エーブック店長よりコメント

名古屋市西区の方よりご依頼を受け、出張買取。

 

名古屋は現在、227万人の人口があり、16の区で多いのが、23.7万人の緑区、22万人の中川区、17万人の守山区と続きます。

 

しかし、エーブックが買取のご依頼を受ける割合はこの人口の数とは比例しません。

 

しっかりと統計をとっているわけではありませんが、多いのは千種区、名東区、西区、中区、西区、緑区、天白区という順番。

 

何か理由があるのかもしれませんが、把握しきれていません。

 

さて、今回は意外と多い西区。

 

ダンボール箱6箱と紙袋がひとつ、縛ってある雑誌などが4つ。

 

紙袋に入っていたCDをひとつずつバーコードを読み込み査定していくと、見慣れないものに高く売れそうなものが数枚出てきました。

 

そちらを高価買取とさせて頂き、トータルの買取価格をご依頼主さまに提示。

 

「こちらのCDに高いものがありました」と言うと、「スーパーオーディオだからねぇ」と教えて頂きました。

 

タイトルをあまり見ずに裏面のコードばかりを見てネットで問い合わせして査定していたので、気が付きませんでしたが、高く売れそうだという結果が出てきたCDはスーパーオーディオという規格のもので、普通のCDよりも容量が大きいものとのこと。

 

ウィキペディアで調べてみたところ、次世代CDとして1999年にソニーとフィリップスが開発、発売。

 

PlayStation3にも搭載されていたとのことですが、あまり普及はしていないようです。

 

「音の違いってわかるものなのですか?」と質問すると、「元々、スーパーオーディオCDを制作しているレーベルが音にこだわっているところなので、それで音が良いってこともあるからね」とのことでした。

 

古本屋の先輩たちにもよく言われることですが、古本屋の師匠はお客様です。

 

今回もそうでした。

 

 

買い取りする古本屋エーブックは今日も元気に出張買取中です!

最短即日、無料査定! 古本・紙モノ・グッズ高く買います

お問合わせ

買取のご相談、出張・査定は無料!
お気軽にお問合せください。