周縁のマルクス -ナショナリズム、エスニシティおよび非西洋社会について買取

ご依頼いただき、ありがとうございます!

エーブック店長よりコメント

名古屋市中区でマルクスに関する経済学、社会学に関する書籍を買取させて頂きました。

その中の一冊「周縁のマルクス・ナショナリズム」。

マルクス研究の画期を開く。
混迷する現代世界の民族・植民地問題解明への理論的視座。

マルクスは、資本主義のグローバル化が生み出してきた植民地主義やエスニック・マイノリティの問題についてどのように考えたのか。本書は、すで に刊行されている著作や手紙のみならず、未刊行の抜粋ノートも含め、膨大な文献を渉猟し、この問いに答えようとする。そこから見えてくるのは、西 洋中心主義的な近代主義者マルクスではなく、非西洋社会の共同体を高く評価した、近代の批判者としてのマルクスにほかならない。思想的転換を遂げ た、晩期マルクスの未完のプロジェクトが遂にその姿を現す。

第1章 一八五〇年代における植民地との出会い―インド、インドネシアおよび中国に対するヨーロッパの衝撃
第2章 ロシアとポーランド―民族解放と革命の関係
第3章 人種、階級、奴隷制―第二次アメリカ革命としての南北戦争
第4章 アイルランド―ナショナリズム、階級および労働運動
第5章 『要綱』から『資本論』へ―複線的テーマ
第6章 非西洋社会および前資本主義社会に関する晩期の諸著作
補遺 一九二〇年代から今日までの『マルクス=エンゲルス全集』(MEGA)の遍歴

という構成になっています。

 

最短即日、無料査定! 古本・紙モノ・グッズ高く買います

お問合わせ

買取のご相談、出張・査定は無料!
お気軽にお問合せください。