田尻智著「新ゲームデザイン TVゲーム制作のための発送法」を買取しました

ご依頼いただき、ありがとうございます!

エーブック店長よりコメント

田尻智「新ゲームデザイン」

著者の田尻智(たじりさとし)はゲームクリエイターで、株式会社ゲームフリークの代表取締役社長。

ポケットモンスターの生みの親としてゲーム業界ならず、ゲームファンには知られています。

田尻智は自然がまだ残る東京の片隅で小さな冒険を繰り返し、昆虫に興味を持ったり、中学の時に流行した「スペースインベーダー」に夢中になるような普通の少年でした。

しかし、生来の凝り性から昆虫博士と呼ばれ、ゲームセンターあらしとして周囲に言われるような存在だったようです。

高校一年生の時にはゲーム研究の成果をミニコミ誌「ゲームフリーク」として一人で執筆、発売。

高校卒業後はゲーム雑誌のライターとして活躍。

その後、ゲーム「クインティ」を制作。

会社「ゲームフリーク」を設立してからは「ポケットモンスター」の制作を開始。

1996年にようやく完成にこぎつけ、大人気となり、次々とシリーズが発売されていった。

「ポケットモンスター」の主人公はサトシ。

サトシは田尻智の名前から来ている。

ゲーム開発者としてはパイオニアであり、あこがれの存在である。

この本「新ゲームデザイン」はこんな手書きの前書きからはじまります。

TVゲームの本質の解説にはじまり、制作の現場について田尻智の哲学が述べられていきます。

これはTVゲーム製作者にはなるほどなるほどと理解できることでしょう。

またゲームファンにとっても、あの時夢中になったゲームの背景にはそんな戦いがあったのか。

そういったハード的な制約があったからあのようなゲームになったのかと腑に落ちるところがあるに違いありません。

これだけの実績があり、憧れの存在でもある田尻智ですが、マスコミへの露出は少なく、深い哲学が記された著者はこの一冊だけといってもよく、更に再版もされていないため、こちらの新ゲームデザインはプレミア価格での売買がされています。

買取価格定格の数倍。

お持ちの方はぜひ一度お問い合わせください。

田尻智の生い立ちについては2018年小学館版学習まんがスペシャルで一冊の著書となりました。

藤子不二雄、ショパン、スティーブン・ジョブスなどと並び刊行されたのです。すごいですね。

エーブックではこちらの「新ゲームデザイン」をはじめ、ゲーム開発に関する専門書を積極的に買取しています。

最短即日、無料査定! 古本・紙モノ・グッズ高く買います

お問合わせ

買取のご相談、出張・査定は無料!
お気軽にお問合せください。